IT業界でフリーランスとして仕事をするためには、仕事をどれだけ取れるかによって、収入も変わってくることになります。当然、「出来るだけ、多くの収入を得たい」と考える方が多いでしょうから、どれだけクライアントに興味を持たせるかが大切となってきます。

IT業界をフリーランスで活躍する際に欠かせない提案力について、ご紹介しましょう。フリーランスとして仕事をする際には、企業から「こんなものを作ってほしい」といった要望があると思います。この要望は、あなただけに与えられているとは限りません。時には、「何人かに声をかけているから、その中で良いものを選ぶ」と言われることもあるでしょう。こうなると、「自分では、難しいかも」と諦めてしまう方もいると思いますが、諦めずにその仕事を取ろうという気持ちが大切です。

どうすれば、仕事を取ることが出来るかというと、提案力が大きく影響してきます。企業にとっては、知識や経験、技術力は当然判断することになりますが、その前に必要となるのは提案力。自分なら、どういったことが出来るのか、どういったところまで可能なのかといった提案が大切となってきます。そして、その提案により、どれだけ気持ちを引き付けることが出来るかによって、仕事を受けることが出来るかが左右されることになります。便利性、信頼性、時間短縮なども必要となりますし、コスト面なども大切な提案の一つとなります。何かがずば抜けて良い提案が出来ていても、他の部分で魅力を感じることができなければ、採用されることは難しくなります。

このように、IT業界をフリーランスで仕事をするためには、どういった提案が出来るかが大きな鍵となってきます。どうすれば、相手の気持ちを引き付けることが出来るのか、客観的に見て自分の提案をチェックしてみることで判断することが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です